参鶏湯(サムゲタン)

病み上がりに食べる薬膳スープ参鶏湯が滲みる[家ごはん]

参鶏湯(サムゲタン)

夫婦で風邪っぴきの1週間。
栄養つけたいね、
ということで。

食べる本格薬膳スープ参鶏湯(サムゲタン)。
パッケージもとても美味しそうで気になっていたので
購入してみた。

参鶏湯キットの中身

この袋の中には鶏肉以外の食材が全て入っていて
手羽元(骨つき鶏肉)600gのみ準備します。

キットの中身は

ナツメ(韓国)
栗(韓国)
朝鮮人参(韓国)
クコの実(韓国)
もち米(日本)
緑豆(日本)
食塩(韓国)

完全無添加です。

作り方

1. 材料をお鍋に入れる

手羽元600gと、漢方の小袋のなかみ全て(朝鮮人参、ナツメ、クコの実、栗)、お好みでニンニク1片、水1リットルを鍋に入れ、中火で30分煮込み、あくを取る。
●水加減はひたひたにかぶるくらいが目安です。

2. 約30分じっくり煮込む

緑豆、もち米、水500mlをさらに加え弱火で30分煮込む。
●もち米はこげつきやすいので、ゆっくり混ぜながら煮込みます。

3. 塩で味を整えて完成

塩を加えて味を整える。鶏肉がほろほろと柔らかく、もち米がふっくらしたら出来上がり。お好みでネギを散らす。
●塩は少しずつ加えて味を調整して下さい。

こちらは博淑屋さんのサイトより引用しました。
参鶏湯キットについて

主人がニンニクが好きなので、刻んでストックしてあるニンニクを
ひとかけ分くらい、
私が大根が好きなので、薄い半月切りにして
1の段階で入れて一緒に煮込みました。

もち米と緑豆がふっくらしてきたら、少しとろみも出てきて
これだけでかなり本場に近い参鶏湯に。

参鶏湯(サムゲタン)

大阪に住んでいた頃、
鶴橋にある韓国の方が作る参鶏湯屋さんへ
友達が連れて行ってくれたことがきっかけで
参鶏湯が大好きになりました。
福島にも美味しいお店があったりして
名古屋でもぜひ見つけたいところ。

博淑屋さんのことをみてみると
意外にも割とうちの近所。
愛知県で作られていました。

パッケージも良いし、ちゃんと美味しいし、
ちょっとしたご縁を感じたので
また作ろうと思いました。

次回はもっと鶏肉多めで、スープも多めにする予定。
もち米も少し足そうかな。

博淑屋
http://www.samgyetang.style/

参鶏湯(サムゲタン)
日日の最新情報をチェック。